ラインゲート トップ  > 英検®スカイプ  > 英検攻略法  > 英検準2級の攻略法①

英検準2級の攻略法①

英検®スカイプレッスンを提供するラインゲートでは、英検準2級の筆記試験の攻略法を公開しております。受験者にとってためになる情報満載です。英語を学習される方にとってもわかりやすいように記述しました。

攻略法をご覧になる前に、恐れ入りますが必ず英検攻略法のトップページをご覧ください。アドバイス、注意事項などが書かれております。

英検準2級の概要brief introduction of Eiken Grade 2

  • 英検準2級は、5級・4級・3級と徐々に英語力の基礎固めをし、基本的な応用力として次の段階へつながる重要な級です。
  • 日常生活に必要な英語を理解し、かつ使用できる力を身につけている級で、高校中級程度のレベルと言われています。
  • 高校中級程度のレベルという表現は非常にあいまいです。つまり、高校のどの段階(学年)で習い終わっているレベルなのか、またどのレベルの高校なのかがよくわかりません。弊社の印象では中堅高校(偏差値55~60)程度で、高校3年中期修了時に身についている英語レベルという感じです。
  • 大学入試に向けて自分の英語力の基礎がしっかりしているかを見極めるのに適した級です。基礎といってもそれは簡単という意味ではありません。難しい問題、つまり応用力を試される問題を解くには、基礎ができている必要があります。従って、3級と2級の間という微妙な位置にありますが、だからこそ取得する意味のある級です。
  • 英検2級挑戦への足固め、土台作りとしても取得するのに意義がある級だと考えます。
  • 大学入試センター試験と同じくらいのレベルなので、センター試験を受験しようと思っている方は英検準2級を取ってみてはいかがでしょうか。
  • センター試験だけでなく、大学入試問題への対策としても有効です。
  • 試験は、一次試験(筆記とリスニング)と二次試験(面接形式のスピーキング)です。

英検準2級の攻略法/筆記試験①technique for Eiken grade Pre-2

ただ単に攻略法を理論的に書くよりも、例題を挙げて説明した方がわかりやすいため、以下の攻略法の中に記載されている設問は2015年6月実施の英検準2級の問題を示しております。その問題は英検オフィシャルページに載っておりますので、英検準2級 2015年6月実施問題を見ながら攻略法を読んでいくとわかりやすいです。

大問1について

  • 問題数は20問が一般的
  • 単語の穴埋め問題。
  • 主に動詞、名詞、前置詞、形容詞、の意味を問う。
  • 文章の意味を理解しないと導き出せない → いかに素早く文章を読んで理解するか。全文をパーフェクトに訳す必要はない。文章の大観を理解できれば、どのような意味の単語が入るかは見えてくる。
  • 基本的な語彙力の強化が必要
  • 複数の文でできた問題がある→空欄がある文(簡単な文)以外の文の意味が分かればすんなり空欄に何が入るか導き出せる。
  • 必ずしも先に選択肢を見ておく必要はない。設問の文章の意味の大観を捉える事が重要。
  • 選択肢の全ての意味が分からなくても、意味がわかる選択肢を入れてみて文章が成り立つ(文章の意味が自然)であればそれが正解だから自信を持って決断する。
  • 前置詞の場合、熟語的、決まり文句的なものが多い。例えば、『in case(念のため)』、『and so on(等など)』。こういう表現はメジャーな表現なので必ず覚えておくべき。
  • 時制を問う問題は、前後の文で時制関係が合っているかどうか押さえておけばOK。
  • 80~90%の正答を狙える。

大問2について

  • 問題数は8問が一般的
  • 2人の会話文の空欄を埋める。
  • 文章自体は難しい表現が少ない。
  • 大概空欄の直後の文章の意味がつかめれば、空欄に何が入るかわかる。
  • 全ての会話文をじっくり読む必要はない。大意を理解する程度で良い。重要なのは具体的に何の話をしているか、具体的に何をしているのか、具体的に何を求めているのか、自分がその場にいる感覚でつかむこと。キーワードとなる単語がある。
  • 空欄前後の文と違和感ない文章になるかどうかを確認しておくこと。
  • どういう会話をしているか推測しながら読んでもいい。例えば設問27ではお客がホテルに滞在した翌日にわざわざホテルに電話し、レセプションの人間が『それは何ですか?』と聞いているので、『ああ、このお客は何か忘れ物をしたんだな』と推測することができる。
  • 80~90%、いやそれ以上の正答を狙える。

大問3について

  • 問題数は5問が一般的
  • 並び替えをして文を完成させる問題。
  • 英文の基本文型、SV、SVO、SVOC、SVOO、SVCが理解できれば自然と並び変えができる。Sはこれで、Vはこれで、Oはこれで・・・という感じで。
  • 空欄の前の接続詞(but等)や前後の文章の内容に注目して、並び変えた後の文章の大意がどうなるか予測することが重要。
  • 関係代名詞が含まれる文の並び替えもある。関係代名詞の学習はこの設問に限らずmust-do。関係代名詞が含まれる文章なのかどうかの判断は簡単→その一文の中に動詞が二つあれば関係代名詞が使われると推測できる。一つの文章に動詞は一つというのが大原則。二つあるということは二つの文章をつなぎ合わせる何か、つまり関係代名詞があるのだと気づく。
  • 時制を理解すべき問題もある。例えば設問32で、『must have gone home(帰ってしまったに違いない)』。『have』と『gone』と動詞が二つあるなあと誤解してはいけない。
  • 80~90%の正答を狙える。

大問4-A、4-Bについて

  • 問題数は4-Aと4-Bで合計5問が一般的
  • 1ページ弱(半ページ)の英文(ドキュメンタリー、小説、随筆、日記など)に単語を穴埋めしていく問題
  • タイトルでその文章の大意をつかんでおいて、読み始めること。
  • 選択肢は先に見ておく必要はない。
  • 選択肢の単語自体は簡単。つまり、4つの選択肢の単語は全てわかるような単語力をつける必要あり。
  • 大体前後の文章の意味が分かれば何が入るか導き出せる。
  • 全文を詳しく一単語、一文パーフェクトに読む必要はない。文書をすらすらと読めるように、日ごろ教科書などどんな文章でもいいので、文章を読む練習をしておくと良い。
  • 前後の文章、特に後の文章に自然と意味が繋がる選択肢を選ぶこと。
  • 解答を導くためのキーワードを見逃さない。設問36においては、後ろの文章の『not a rich country』
  • 5問中4問は正解したいレベルの問題。

英検攻略法メニュー

お問い合せ

TEL:03-6459-1618
問い合わせページ: コチラ
e-mail: info@toeic-linegate.jp